弁護士吉田泰郎は,CFJ,ディック,ユニマットレディース,アイクの過払い請求について,専門的に取り組んでいます。

 

全国対応できますので,全国どこからでも相談できます。

 

■ CFJ,ディック,ユニマットレディース,アイク,と取引をしている方は,ぜひ,ご相談ください。

借金をゼロにして,さらに,過払いを請求できる可能性が高いです。

 

■ また,CFJ,ディック,ユニマットレディース,アイクと,現在取引している方は,ぜひ,ご相談ください。

現在の借金を,大きく減少させることができます。

CFJは,いまだに利息制限法に違反する金利を請求しています。

弁護士にご相談していただければ,こういう,CFJに対する,高い金利分を,過払い請求ということで,取り返すことができます。

 

■ また,ご自分のお父さん,お母さんが,CFJ,ディック,ユニマットレディース,アイク,と取引をしていることがわかった方も,ご相談ください。

お父さんの借金をそのままにしていると,相続のときに,借金を相続することになってしまいますので,気をつけてください。

専門の弁護士に相談してください。

 

CFJ,ディック,ユニマットレディース,アイクの借金の相談は,

■ 家族に秘密で相談できます。

■ 弁護士に電話をするだけで,簡単に相談できます。

■ 弁護士への電話は無料です。

■ 信用情報が悪くなることはありません。CFJは,いわゆる信用情報機関からは撤退していますので,債務整理をしても,信用情報は悪くなりません。

 

弁護士への無料相談の電話番号は

0120-643-663

フリーダイヤルでつながります。

 

CFJ,ディック,ユニマットレディース,アイクは,現在では,CFJ一社になっています。

 

弁護士は,CFJに対する対応としては,お客様の要望にしたがって行動します。

お客様が「早期に解決してほしい」という場合には,早期に過払い金を回収することができます。

 

また,お客様が,「時間は1年くらいかかってもいいから,徹底的に回収してほしい」という場合には,CFJに対して裁判をして,徹底的に高額回収をはかります。

 

どういう方針でのぞんでほしいかは,弁護士に相談してください。

 

ご要望を最大限にいかしてCFJの過払い請求事件を処理します。

 

 

■過払い請求が通ったら、CFJが払うべきものを全て払い終えるまで、最後まで回収いたします。

 

ご依頼者のご相談内容や状況等に応じて、裁判ではなく和解となる場合もありますが、依頼者様の大きな利益が守られるように行動いたします。

 

和解であっても、正当な利益を守るため、CFJに対してきっちりと交渉します。

安易な和解は決していたしません。

 

私達は「依頼者の方の悩みに心底向き合い、明るい未来を!」を信念に運営しております。

 

937-578-9189

 

 

【ご相談者様から頂いたQ&A】

ご相談内容:

ディックでキャッシングをして、完済をしてはまた借入れを繰り返していましたが、過払いの請求になにか影響がありますか?

 

弁護士からの回答:

完済した後で再度借入れをする時に新しく基本契約をし直した場合、前の取引と後の取引を別々の取引とみなす取引の分断が起こるので過払いの金額が減る場合があります。

ただ、取引の分断に関する解釈は様々なので、基本契約を複数回交わしていても、すべての場合に取引の分断が認められるとは限りません。

 

■CFJはどういう場合に取引の分断を主張してくるか?

ディックというブランド名で消費者金融事業を展開していたディックファイナンス株式会社は、他の消費者金融と合併してCFJ合同会社になったので、ディックと取引をして発生した過払いの請求はCFJ合同会社に対して行います。

CFJが取引の分断を主張するのはどのような場合か考えてみましょう。

 

最初にディックと基本契約を交わして数年間取引を続けて完済したのが第1取引、その後、再び基本契約を交わして行った取引を行ったが第2取引になります。

CFJのような大手の消費者金融は、極度額(限度額)が設定され、その範囲内で融資をする仕組みが一般的です。

限度額を決める時に基本契約を結び、その後は借入のたびに契約書を交わすことを省略しています。

 

■「基本契約を何回したか?」が過払い請求の金額に大きな影響を及ぼす

基本契約は新たな契約とみなされるので、第1契約の過払いと第2契約の過払いは別々に計算することになります。

長い期間に渡って継続して返済を続けるほど金額が多くなるので、取引の分断があれば引き直し計算の結果に大きな影響を及ぼします。

ご質問者様の場合、完済後に行った取引が基本契約を新たに交わしたものかどうかによって発生した過払いの額が変わってくる可能性があると考えられます。

 

なお、ご自分では取引の分断ではないかと思っていても、一連取引(連続した取引)の場合もあります。

例えば極度額の変更のような第一取引の最中に行われる契約や、完済した後に基本契約を交わさないで行っている取引は、一連取引とみなされます。

取引の分断の有無は、過払いの金額を大きく左右するポイントです。

ご自分で判断なさらずに、契約書などお手元の資料を持って弁護士に相談なさることをお勧めします。

 

■完済後に新たな借入をしたからといってすべてが取引の分断とは限らない

過払い請求訴訟に関する争点の中でも、取引の分断に対する司法の判断は足並みが揃うのが遅れていました。平成20年1月18日最高裁判決は、基本契約が複数あっても実質上一連での取引と考えられる場合は、すべての取引を1個の取引として計算を行うことを認めています。

事実上取引とは何を指すのかということですが、以下のような事情を総合的に考慮して取引の分断があるかどうかについて判断することになります。

◇第1の基本契約の契約書を貸金業者に返したか?ローンカードが発行されている場合はカードの失効手続をしたか?

◇第1の基本契約に基づく貸付けと返済が反復継続して行われていたか?

◇第1の基本契約に基づく貸付けと返済の期間

◇第1と第2の基本契約には、契約条件に金利など異なる部分があるか?

 

このように、一連取引が認められるかどうかは、まさにケースバイケースで判断が非常に難しい場合もあります。

 

■「基本契約」の個数は時効にも影響する

もう一つ忘れてはならないのが、基本契約の個数によって取引の分断があるとみなされた場合、それぞれの契約で時効が違ってくることです。

過払いの消滅時効は、最後に取引を行った日から10年を経過した日です。

取引の分断をしたのが10年以上前で、一連の取引と認められなかった場合は、10年以上前に完済した借金に関して払い過ぎたお金は、消滅時効が成立して戻って来ない可能性が高いのです。

ディックは、2003年に他の消費者金融と経営統合されてCFJになったので、CFJになる以前のディックで完済した借金のなかには、消滅時効が来ているものも少なくありません。

時効は毎日静かに、しかし確実に迫ってきます。

ディックからの借り入れで発生した過払いCFJに請求しようかどうしようか迷っていれば、それだけ時効が近づいてきます。

いずれ請求をするのであれば、早めにやっておくに越したことはありません。

 

 

このサイトは、CFJでお金を借りたことがあり、過払い請求を検討されておられる方のお役に立つと思われる情報をご紹介しております。

 

お役立て頂ければと思います。

 

 

【その他のQ&Aは以下からご覧いただけます】

Q:ユニマットレディスは会社がなくなってしまいましたが取り戻せますか?

Q:506-557-7436

Q:着手金ゼロ円で請求できるというのは本当ですか?

 

9038122687

 

CFJについて

CFJに過払い請求する時に知っておきたい情報

CFJ過払い請求Q&A

吉田泰郎弁護士事務所

こんにちは、高松で弁護士をやっております吉田泰郎と申します。

このサイトは、CFJでお金を借り、「過払い請求をしようかな」と悩んでおられる方の悩みを解決する為に作りました。
CFJには,いくつか特徴があります。それを知っていれば全く怖くありません。
CFJについて何でも知っている弁護士だからこそ語る事が出来る情報をご紹介します。

≫ 無料相談の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 香川・高松の弁護士が答える CFJ過払い請求 相談室 All Rights Reserved.